寝床

アニメや漫画

アイカツ:氷上スミレ、176話の失敗と117話での疑問点

エミリ「そういえば私、初対面の人からきまって『エミリって凄くクールそう〜』って言われるのよ。彫りが深くて喋ってない時は真顔は多いからでしょうね。で、喋ってみると意外とフランクで驚いたっていうところまでがテンプレ」


ユウ「ぼくも第一印象は活発なのに実はすごい真面目なんだねーすごいーみたいなことはよく言われるな。いや、すごいも何も、ぼくは普段のままいるだけなんだけどな、みたいな」

エミリ「アイカツの氷上スミレちゃん、結構こういうことで悩んでそう」

ユウ「……悩むかなあ? スミレ。あまり気にしなさそうだけれど」

エミリ「個人回をみてくと、気にしそうというか、どうしても気にしなければならないような描写があったりするのよ」



□117話、容姿と歌を素直に天秤にかけること

エミリ「私がスミレちゃんについて疑問に思ってたのはこれなのよ」

ユウ「初登場から美人である設定を最大限に活かした描写はされてきてるし、それ自体は納得いくけど」

エミリ「そう、スミレちゃんは美人。めちゃめちゃ美人。だからシャンプーCMのオファーが来た。でも私はこれを見た途端ちょっと怖いなって思ったのよ。……だって容姿よ?容姿を求められてるのよ?」

ユウ「ああ……」

エミリ「アイカツって合理的なアニメだから、例えば失敗しちゃったことでもすぐ思考を未来に進める。対象年齢もあるし教訓的だし、敢えて深く突っ込まなかったのかな、って思ってたの。まあ、そうは思ってても割り切れなかった部分はあるけどね。でも、スターライトクイーンカップでスミレちゃんがSA失敗したのを見たとき、疑問が解決したのよ」



□176話、スミレの失敗の要因。思考が未来に進むこととHP/MP消費は別物

ユウ「これはひなきなんかよく実感してることなんじゃないかな。143話でのあたしはもっと頑張れる→(KAYOKOに呼び出され)頑張りが足りなかったのかな、の流れ」

エミリ「うーんそれはどうかしら。ひなきちゃんは結構、未来に進む段階で空回りや空元気を繰り返してるんじゃないかなと思うけど。……ひなきちゃんについて触れると長くなるから置いておきましょう。
スミレちゃんはステージの前、どうやったら観客を盛り上げることができるかと考えてたのよ。対照的だったのがひなきちゃんで、挑戦するかしないか選択できる段階でしないという選択肢を視野に入れてる(もちろんそれは決して悪いことではない)。スミレちゃんは、受ける気満々だった。
スターライトクイーンを決めるここ1番の大ステージ。最終的に頼りになるのは自分自身。今までチームで戦ってきたあかジェネ面子にとっては試練のとき。
……実力不足とは言い難いでしょう。SAに挑戦する権限が観客の盛り上がりに左右されるとはいえ、それなりの能力値はないとそもそも盛り上がることすら許されない。その中で失敗したということは。
やっぱり一番大きかったのはプレッシャーだと思う。このプレッシャーは厄介で、例えば自分がやるべきことを定めても、心が、身体が追いついていかない。思考が未来に進むことはできても、HP/MPが足りなければパフォーマンスは完成されない。……スミレちゃんはそのプレッシャーが本当に大きいんじゃないかなと思うのよ」

ユウ「前述の、美人設定?」

エミリ「うん。幼い頃から人見知りで、黙ってても"かわいい"と思われ言葉を交わさないでお菓子を貰えてしまう(ハロウィン回)。……成長して、周囲の目線が、彼女にとってどれだけプレッシャーになることか、想像に難くないと思う」

ユウ「……確かにスミレちゃんはまだ身体が慣れきってないんだろうな、とは思うな。あずさに見守られ、あかりやひなきや様々な人と出会って、166話で回り道しながら自分の道をしっかり受け止めて……段階を跳躍しちゃったんだ。大舞台のためにはもっともっとHP/MPをつけなくちゃいけなかったんだ」

エミリ「アイカツ世界は残酷なまでに優しさで構成されているのに、スミレちゃんがめちゃめちゃ浮いて見えた理由がようやくわかったわ。生々しいのよ。めちゃめちゃ感情移入しちゃうもの」

ユウ「なんか、物語の舞台とキャラのベクトルって一致するものだと思っていたぼくの常識がことごとく覆された強烈なキャラクターだ……」

エミリ「氷上スミレちゃんに出会えて幸せ」