寝床

アニメや漫画

アイカツスターズ!:1話感想

脚本:柿原優子/絵コンテ:佐藤照雄/演出:イム ガヒ、佐藤照雄/作画監督:橋口隼人、渡部里美


ユウ「楽しかった……」


エミリ「最初にキービジュアルをみたとき、前作のアイカツとはうってかわって色彩が随分淡くなったのが印象的で(今の流行り?)、綺麗だったわ」

ユウ「どちらかというとぼくは前作のアイカツみたくパッキリした色合いのほうが好みなんだけど、あれはあれで美しい。動いてるのをみて感動した」



◻︎気になるキャラクター

ユウ「白鳥ひめさまが麗しゅうござった」

エミリ「CV津田美波さんなのよね……」

ユウ「キャストが発表されてすごく衝撃だったんだよ。やっぱりイメージがゆるゆりの船見結衣とかゆゆ式の櫟井唯、もう少し可愛い方向にいってもアイドルマスターシンデレラガールズ小日向美穂とかWake Up,Girls!の吉川愛とか、あとはフラクタルのフリュネとかだったんだよ。それがあれだよ、明らかにお上品で麗しいお姫様みたいな"ひめ"だよ。声どうなっちゃうの?っていう不安と期待が押し寄せてた。実際に聞いたら、予想以上の破壊力だった。麗しいにも程がある。穏やかどころの騒ぎじゃない」

エミリ「声に艶があったわよね。本当に津田美波さん?って一瞬疑ってしまったわ。演技をきいたのは久しぶりな気がするんだけど、凄く上手くなってない?」

ユウ「たぶん。いやちょっと、こういう上品で可愛らしいキャラクターにはまるなんて思ってなかった。声に引っ張られてるからって、昔は微塵も興味がなかったから特に。
ところでエミリは気になるキャラクターって誰?」

エミリ「私は七倉小春ちゃん。虹野ゆめちゃんに対する見方が観客目線寄りで好き。この話は他の話と並行してしましょう」



◻︎四ツ星学園の教育方針

エミリ「初レッスンで、虹野ゆめちゃんが『腹筋を鍛えろ』と言われてたのが印象的だったの。極端に音痴でもないし、そのあとに桜庭ローラちゃんがリズムよく発声してたのは褒められてたから、技法に拘るのかなって。決して下手ではなかったと思うんだけど、ゆめちゃん」

ユウ「思い返せばS4のクラス分けも歌/劇/舞/美とスキルを表してるもんね(それにしても美組ってどうなんだろう)」

エミリ「で、そのあとの小春ちゃんですよ。技術とは違う半ばあさっての励ましをゆめちゃんに与える。ゆめちゃんはゆめちゃんで実感がないし褒められてないから『そうかな?』ってすっとぼけて返す。ひめさまに憧れて好きで歌ってるだけって言ったら、それが一番大切なことなんじゃないかなって。小春ちゃんのなかではゆめちゃんはもうこの段階からキラキラ輝いてみえてたんだなあ」

ユウ「観る側にいるポジションは幼馴染っていうのとあいまって初期の霧矢あおいを思い出すね」

エミリ「あと気になるのはセルフプロデュースを勧めて個性を大事にしてるのはわかるんだけど、最初からオリジナルを求めるのは難しくない?ってこと。何も指導がない状態から各自で動けって言われてもわからないよねっていう」

ユウ「導入はアイカツと区別したのかなとは思う。アイカツは最初は真似していたし。ここら辺はこれからどう描写されていくのか期待」



◻︎虹野ゆめのステージの記憶がない問題

エミリ「あれはどういうことなの?アイドルとしての人格が降ってきちゃったの?大丈夫?」

ユウ「たぶんステージの実感がないだけなんじゃないかなって思うんだけど、どうなんだろう。その疑問が1話の引きになってるわけだしぼくらは正しく引っかかってるよね。
あそこで小春がゆめに直接絶賛したっていうのがまたね。観る側と観られる側の隔離を1話からこれだけ明確にぶっこんでくるとは思ってなかった。
スキルを求められる四ツ星学園で、あれだけのパフォーマンスを発揮できたら誰だって唸るだろうけど(結果がみえたから)、それが本人に実感がないんじゃ明確なステップアップも反省も難しいんじゃないかなと思う。なんとなくやったらできちゃったよ、これからもアイドル虹野ゆめが憑依してくるから大丈夫、だったら物語もなにもないんじゃないかな。まずはステージを自分自身が実感するところから始まるかなとは思った」

エミリ「次回ローラちゃんとライバル関係になるらしいし、小春ちゃんは小春ちゃんで二人は似てると思うけどなんていってるけどどうなるんだろうね」



◻︎疑問点

ユウ「
・ローラが先生に遅刻を許された時にした驚きの表情と教室のざわめきの意図
・小春がアイドルになる背景
・アピールシステム
・観客がつけてたヘッドセット(アイカツからの継承?)」



ユウ「あと移動手段が電車っていうのはいいなとか、やっぱり曲がゴリゴリでかっこよかったとか、S4との距離感が絶妙だよねとか、ひめさまがゆめの頭を撫でてゆめが感極まって泣くシーン美しかったよねとか、CGパートはこれからに期待かなとか、感想は尽きないけれどひとまずここら辺で」

エミリ「2話も楽しみ」