寝床

アニメや漫画

アイカツスターズ!:2話感想

脚本:柿原優子/絵コンテ:佐藤照雄/演出:山地光人/作画監督:前澤弘美





◻︎七倉小春のアイドルへの動機

エミリ「小春ちゃん、ゆめちゃんみたいに、ひめさまに憧れて歌が好きになって歌組を目指す……っていう流れではないのね。1話で幼いゆめちゃんと小春ちゃんがS4になりたい〜という会話をしてたけど、ゆめちゃんがS4の中でも歌組って決まってたのに対して小春ちゃんはそのままっぽい」

ユウ「それだけS4は影響力のある存在なんだろうなあ。でも、夜空先輩にもっと褒められたいっていうの、大丈夫かな、顔あかく染めちゃってまあ」

エミリ「流石にあの時間帯からとって食ったりはしないでしょう。褒められた理由も意味深よね。夜空先輩が褒めたのは素質、それも"美"に関わるもので」

ユウ「これだけで何か言うのは難しいと思うけど、小春の褒められたいがどういう方向で言ってるかにもよるよね……」

エミリ「夜空先輩に褒められることそのものなのか、自分の素質なのか。確かに見惚れてたけどゆめちゃんの言う憧れとはちょっと違うだろうし、どう処理していくんだろう」



◻︎バキバキ演出

ユウ「劇組でツバサがお手本のみかんをみせるところ、てっきりツバサの泣き演技で魅了すると思ってたんだよ、諸星すみれさんだし。ところがどっこい音声なし。で、演技に入る前の画面とゆめのモノローグとあいまって一目で別格だって分からせちゃうんだから、楽しい」

エミリ「小春ちゃん視点の夜空先輩がキラキラしてたり、画面がいい意味で忙しくなってるのがいいわよね」



◻︎OP

エミリ「落第騎士の英雄譚キャラデザの小松原聖さん、ガールズ&パンツァーキーアニメーター吉田亘良さんなど、豪華……」

ユウ「あと、Wake Up,Girls!キャラデザの近岡直さんがいた……びっくりした」

エミリ「どの部分担当でしょうね」

ユウ「前クレジットの森田岳士さんが諸星学園長のところを担当したって言ってたし、Aメロ最後の『あの日見た景色目指して進もう』あたりだと思う」

エミリ「一番かわいいって思ったところだわ……」

ユウ「動きに関してはコンテで指示されてるところもあるんだろうけど、ゆめと小春が交互に頷きあう、ローラが目を閉じずにはっきり前を見つめる、早乙女あこ?の表情がめまぐるしく変わる、そして名前がわからないセクシー子がそっと微笑むという一連の流れ。かわいい。特にセクシー子ちゃんかわいい。やられた」

エミリ「1話で夜空先輩に注目してたっぽいし、やっぱり小春ちゃんと絡むのかしら」



◻︎虹野ゆめの噂

ユウ「アイカツとは別物と頭に入れてても、最後の周囲の台詞はやっぱりびっくりするね。Aパート序盤で周囲がまるでアイドルを語るようにゆめに食いついてたりもしてたし(まあアイドルになるんだけど)」

エミリ「観られる側としての虹野ゆめと普段の生活の虹野ゆめといるけど、1話ステージでの観客って、アイドルの舞台で立つであろうステージとは違ってどちらも隔りなくみれちゃうじゃない。学園っていう場所だからこそ(それでもひめさまだけは後者のゆめちゃんと触れるのは特別に演出されてるけど)。ああ、学校だな、って感じがしたわ」

ユウ「会話を聞いた時、ゆめは悲しそうな顔をしていた。その会話にあるのはステージで凄いパフォーマンスを披露した虹野ゆめとそれに一致する普段の姿で、いまそこで話を聞いてる虹野ゆめはその会話の中にはどこにもいない。虚しさがこみ上げてくる場面。あとローラちゃん思ってたより素直なんだね」



◻︎タイプ、組、ブランドの関係

ユウ「最初ローラは劇組に行くと思ってた」

エミリ「どうして?」

ユウ「ジャージの色やスクールドレスが青で、クールタイプっぽかったから」

エミリ「……」

ユウ「……そういえばタイプと組、そしてブランドの関係ってどんな感じなのかな。出来ればアニメをみて把握したいから、サイトを調べてはいないんだけど」

エミリ「ブランドの話なんかはドレスメイクの時がっつりやるのかな」



◻︎その他

ユウ「今回もひめさまは麗しかった。あとはOPのアンナ先生が可愛かったり、舞組先生『素晴らしいぞ二階堂、猫になれ!』の言い回しがすき」

エミリ「二階堂ゆず先輩、尻尾動いてたけどどうなってるんだろう……」