寝床

アニメや漫画

ロゼリアのライブ雑記

  Roselia1stライブ追加公演に行った。アニメ系のライブに現地参加するのはこれが初めて。ライブビューイングには、ラブライブのファイナル2日目とデレマス4thSSA1日目を座りながらゆっくりみたことがある。基本的に体力がないので、昔からこのようなイベントは避けていた。一生行かなくてもいいかなと思ってたけど、ライブビューイングに行ったコンテンツに悉くハマった経験から、一度は何かに行っておきたいという気持になった。
 アニメ系のライブは、二次元では自分の身体で強烈な体験をするということができないから、三次元で演者と自分とが身体を使ってそういうことを意識させ、再び二次元に帰っていくのかな、とか思ってたけど、こういうことをうまく言うためには、きっともっと二次元アイドルアニメや声優ライブに詳しくないと言えないんだろうなという気もする。
 現地の空気を感じてしまうと、これから行く予定である、もうチケットを取った、デレマス5thSSAとバンドリ4thライブビューイングを私は楽しめるかなと心配になってきた。現地でサイリウムを振っていて実感したのは、気付くと他人のサイリウムの動きやリズムを見てしまっていて、演者の動きや演奏を見損ねてしまうことが度々あるなということ。私が気にしすぎなだけかもしれないけど。そんな中でそれなりに声援を送れたりサイリウムを振れたのは、目の前に演者がいて、手を振っている姿を肉眼で見れて、演者も自分たちの振っている光景をみているからだなとわかっているからだった。ライブビューイングでは演者と自分たち観客のそういった視線のやりとりはカメラの目によってあらかじめ遮断されている。じゃあ自分たち観客の声援を聞くのは誰? 全て自分たち観客に反射して返ってくる。この光景を楽しめるかどうかは、ライブに対する楽しみ方でしかないだろうと思う、つまり、ライブの後に友達や誰かと一緒になって盛り上がったり感動を分かち合いたいと思うか、そうでないか。
 内容に関しては、開演前のアナウンスでまた紗夜と湊さんがリサの手を借りて幼児退行に勤しんでいたし、OVA映像でもそうだったのでリサが過労で倒れる前にしっかり者のあこちゃんなんとかしてくれと祈っていたし、くどはるはやりたい放題だし、軍服衣装と熱色スターマインで涙は出るし、燐子と湊さんの絡みがすごくあって楽しかったし、ドラム聴いててめちゃくちゃ楽しかった。