寝床

アニメや漫画

ノラと皇女と野良猫ハート覚書2

タバレ注意。


全ルートをクリアした。クリア順は未知→明日原→シャチ→パトリシア。

この四人の中で、シャチやパトリシアはおそらくノラと恋人とならなくても生きていけるだろう。シャチはノラと家族であるという認識があれば良いし、パトリシアは心音がならない=命がなければ冥界に帰ることができる。二人の生きる上での問題はそこなのだ。それが崩壊しなければ逞しく生きていけるのだ。他のキャラでのルートの協力の仕方と笑顔をみる限り。

後の二人、未知と明日原はおそらくそうはいかないのだろう。未知はそのうち親子揃って結婚詐欺にあってしまって勉強どころではなくなっていただろうし、明日原はノラへの想いを募らせたままノブチナや井田が言うようにいずれは風俗へ流れる勇気もないまま、残りの人生をただじっとみつめるように過ごしているかもしれない。

トリガーになるのはやはり主人公のノラだが(しかもどちらもノラのことが好きときた)、これはギャルゲーであり攻略対象というものが存在するので、どれかのルートにいけばどれかのルートを捨てることになる。そうすれば他のルートの可能性は捨てられることになる。久しい間この手のゲームをやっていなかったから、懐かしい気持ちになりながら胸を痛めた。ラノベでよくみたハーレムもので、誰かを選択しないという選択をするというのはこういうことかと腑に落ちた。

近日2が発売するらしいが、こういう場合、誰かのルートを正史として進むのだろうか。順当に行けばパトリシアだろうけど。

そうなった場合、どんな気持ちで明日原と未知は未来を迎えていくのだろうか。2のあらすじで、明日原は将来について考えるようになり、未知は短期留学しクイズ大会ですごい成績を出すと書いてあるが、どんな心境だろうか。

とにもかくにも、明日原と未知の百合がみたい。未知ルートでの明日原の未知への絡みっぷりや、タイトル画面の抱きつき具合をみる限り、よろしくやっていけるのだと思う。未知はあの日ノラネコを拾ってノラを救った。明日原は自分が野良の時、野良ネコを捨てて、自らも家を飛び出して、野良になったかと思えば帰ってきた。母親の元から離れたいけど離れられない、野良になれない未知。母親が離れて結果的に野良となった明日原。真逆のようで、しかしノラに執着するその姿勢はとても弱く、だからこそいがみ合いながらも寄り添っているのだろう。

f:id:train49:20171006021535j:plain